カテゴリ:ANGEL DLG( 6 )

ショックコード

ANGEL DLGでさらなる初期獲得高度を得るため、ショックコードで上げられるように胴体底面にフックを付けてみました。
b0121633_1943697.jpg

ショックコードはこれ
b0121633_19433549.jpg

ペグと糸は、ホームセンターで購入。吹き流しはケーキの箱に付いていたリボンです。

ゴムは正確に測ってはいないけど、5mぐらい。糸はその倍の10mぐらいにしました。

その糸を10mほど引っ張り、ランチ!勢いよくカッ飛んでいくANGELは何だか苦しそうでした。
さすがに元(現役?)SAL機だけあって、かなり無理な迎え角で上げてもまったく問題なし。
で、肝心の初期獲得高度は、リリース後のズームアップを入れて多分30mぐらいです。

しかし、残念ながら、30m上げてもかなりあっという間に降りてきてしまいます。そろそろ30mm延長しようかな。
[PR]
by itsumo-sunday | 2008-12-03 19:49 | ANGEL DLG

あっという間にボッキリ

先日直した、翼端ですが、本日手に持っただけでボッキリ折れました。(既に直してしまったので写真はありませんが)

この赤い線の所で折れました。
b0121633_21483684.jpg

持ち方が悪かったのですが、まさか折れるなんて。(普通はペグを指に掛け、垂直に垂らすのですが、ペグをつかんで水平にしてしまった)

ベニアで補強するときにベニアの形マイナス2mmぐらいの輪郭でフィルムだけを切り取ったのですが、フィルムが翼の引っ張り方向の強度を受け持っているんじゃないかと思いました。

右翼端の裏面です。
b0121633_21522971.jpg

この様に、下面プランクはありません。スパーもこの位置までしかありません。
弓形のベニアをこの裏面にも貼ろうかなと最初考えたのですが、重くなるのを避けて上だけにしました。
ちなみに、1mmバルサで翼弦30mm延長は、取り外しました。バルサでは重すぎます。
せっかく翼面積が大きくなっても、重さで相殺です。今度、1mmスチレンペーパーを入手したらもう一度取り付けてみます。(ノーマルのままでも十分楽しめますから、当分やらないかも)
[PR]
by itsumo-sunday | 2008-11-06 21:56 | ANGEL DLG

翼端ペグ 修正

こんな風に、埋めて
b0121633_2502042.jpg

1mm航空ベニアで補強をして、やきとりの串をペグとしました。
b0121633_248522.jpg


これで、何投もつか楽しみです。(^^;)
[PR]
by itsumo-sunday | 2008-11-06 02:50 | ANGEL DLG

翼端ペグ ぶち切れました

50投もしないうちに、ペグが取れてしまいました。
b0121633_1054210.jpg

投げた瞬間にぶちっと切れたので、手にペグが残っていたのですが、プロポを握った瞬間に落としてしまい、草むらで行方不明です。10分ぐらいよ~く探したのですが、あきらめました。
[PR]
by itsumo-sunday | 2008-11-03 10:07 | ANGEL DLG

30mm延長!

主翼翼弦を30mm延長してみました。延長に使ったのは1mm厚バルサ、接続は普通のセロハンテープです。
b0121633_199635.jpg

今日はこの状態で1時間ほどフルに投げ続けました。
飛びに関しては、どうなんでしょう。確かに浮きは良くなりましたが、対空時間が延びた様な気はしませんでした。多分最初の獲得高度が上がらなくなったからでは無いでしょうか。
この辺は、もう少し練習して変わるかも知れません。
副作用として、滑空速度はかなりゆっくりになりましたので、ハンドキャッチが楽になりました。
[PR]
by itsumo-sunday | 2008-11-02 19:14 | ANGEL DLG

初SAL ANGEL DLG

グライダーにはまってしまった私は、ついにSAL機をゲットしてしまいました。

BLUE ARROWのANGEL DLG

クラフトるうむで購入!(クリックで倍に拡大)
b0121633_19135560.jpg

この機体は主翼も出来上がっていて、リンケージするだけで完成!あっという間に出来てしまいました。
ただ、問題点が色々。

1. 付属されているピアノ線のリンケージが要らないところに舵角調整用の折曲げがあり、ラダー、エレベーターとも同じ位置にあるので、干渉しまくり--->テトラの0.8mmリンケージを別途購入し取り替えました。
2. テールパイプのリンケージ取出穴が左にしか開いておらず、ラダー、エレベーターとも左に付くことになります。ピアノ線が不自然に湾曲し、トルクの無い付属のサーボではニュートラルが安定しません。-->右側にも(テールパイプに)長穴を開け、ラダーは右に修正しました。(最初、ラダーホーンを左に付けてしまったので、無理矢理もぎ取り、バルサがぼろぼろになりました。
3. 組み立て説明書(英文)の印刷が不明瞭で、写真がまったく分かりません。--->ほとんど見ませんでした。(見なくても組み立て出来ますが(^^;)
4. 主翼のダウエルピンが真ん中に無く、胴体の取り付け穴を横に広げました。--->が・・・主翼が左右に動いてしまいます。
5. 主翼固定用のネジ穴もセンターに開いていません。--->そのまま放置(^^;)
6. 極めつけは、付属サーボが一つ死んでいました。がちゃがちゃするのではなく、突然まったく動かなくなります。最初、受信機の問題かと思いましたが、サーボを手持ちのPOWER HD(の一番小さいの)に換えると問題ないので、間違いなくサーボでしょう。--->POWER HDの一番小さいのが取り付け耳の寸法も、サーボベットの寸法もまったく同じで、無加工で付きました。ただし、付属のBLUE ARROWのS0431の方がニュートラルがしっかりしています。ニュートラルが曖昧なPOWER HDは、ラダーにしました。

以下細かいところで・・・
7. 垂直尾翼は初めからテールパイプに接着されているのですが、初フライトのハードランディングで外れ、よっく見たところ、フィルムの上からテールパイプに接着されていました。(もちろん再接着ではカッターでその部分のフィルムを剥がしました。)
8. キャノピー取り付けのネジが小さすぎます。--->ゴム紐しばりにしました。

色々書きましたが、総じてとても気に入りました。
SAL投げも徐々にうまくなってきて、(まだまだですが)これからさらに飛ばし込みたいと思います。
以下は今日のフライトビデオです。(撮影:家の長女。ありがとね~)

ノーマルでのフライトを堪能した後、30mm延長したいと思いま~す。
[PR]
by itsumo-sunday | 2008-11-01 19:14 | ANGEL DLG